満劇トピックス

桂雲呑(山村啓介)プロデュース『アオフェス2021』のお知らせ

桂雲呑です。いつもお世話になっております。
さて、今年も満員劇場御礼座は公演を断念したわけですが、
私たちだけでなく、無数の舞台関係者がこの二年近くの間、表現の場を奪われました。
そんな中、私が企画•制作するイベントの紹介をさせてください。
『アオフェス2021』。タイトルの由来はHPをご覧いただくとして、
内容は、劇団や俳優など「舞台人」が作った短編映像作品を、
コンペ形式で発表する映像フェスティバルです。
配信視聴と、会場にも少しお客様をお迎えするという形式です。
関西を中心に声をかけ、全部でなんと27の団体•個人がエントリーしてくれました。
中にはテレビドラマなどでよく顔を見かける人もいますし、
満員劇場御礼座からは、音楽ユニット「ラムファン」が参加してくれます!!
(緑ファンタ•心斎橋ラムネのデュオを淀川フーヨーハイがプロデュース。そして映像担当は山下修平)
さらに、堂島サバ吉が、重要な役どころで当日駆けつけてくれることになりました。

<開催日時>
12月29日(水) PART①15:00、PART②18:00

<会場>
天満ガーデン(大阪市北区天神橋3-4-14)
会場観覧でも配信でも、チケットを購入していただきますと、
来年1/20までアーカイブ映像をご覧いただくことができます。

大袈裟にいうとこれは、ポストコロナ時代における、
ライブパフォーマンスと映像の新しい関係を模索するささやかな試みです。
詳細はHPをご覧いただけましたら幸いです。

http://v707.jp/

どうぞよろしくお願いします。

 

投稿日:2021年12月26日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください